ご覧の現在地: トップ > オナホール電動系 > 「メガハンドシェイカー スライド」 振動動作のシンプル形状オナホール 亀頭が露出する設計
記事内にアフィリエイトリンクを含みます

「メガハンドシェイカー スライド」 振動動作のシンプル形状オナホール 亀頭が露出する設計

オナホール電動系 2023年12月01日()掲載
メガハンドシェイカー スライドというオナホールです。メーカーはT-BEST

このメーカー、結構電動モノが多いですね。一つ前が「Electric-Ona-Hammar 電動オナハンマー」という製品。中華製辺りのリパッケージなんでしょうかね。展開の早さから可能性はありそう。 全長9.2cm、最大経7.2cm。重量は80gです。結構軽い。かなり軽量のオナホぐらいですね。

デザインはシンプル。先が露出するスケルトンな筒型。上の画像はメーカーで表面としているほう。以下が裏面としているほうです。 表面の面積の広い部分には、ヒダが乗っているらしく、そこで自操作のピストン刺激できるようです。

内部にはローターが仕込まれており、使用時は振動を足すことが可能。動作は10パターン。意外とパターンが多い。

内蔵電源で充電式。連続動作60分とあります。
亀頭部分が露出するため、遊び方は工夫が効きそう。価格は案外高いような気がします。欧米系にありそうなデザインは伊達じゃない?

メーカー:T-BEST
全長:9.2cm
最大経:7.2cm
重量:80g
電源:内蔵電源(USB充電)
タイプ:貫通型 / 振動動作
要約:振動動作のシンプル形状オナホール
亀頭が露出する設計
メガハンドシェイカー スライドの参考価格
  • 4,950円(税込み)
    *2023/11/29 時(税率10%)
    m's
*記載データに関する基本はこちらをご覧ください
*記事内リンクにはアフィリエイトリンクを含みます。
*価格表記は変動にご注意ください。
*特定の店舗で取り扱い開始時、特に安いお店があります。
*一部はそれを参照した記載をしていますのでご注意下さい。

記事カテゴリー:オナホール電動系
タグ:
記事URL:http://onahotel.blog93.fc2.com/blog-entry-6525.html

■最近注目のオナホ記事

超爆乳おっぱい チチオモイ 「超爆乳おっぱい チチオモイ」
夢の爆乳がここに?とにかくでっかいおっぱいが好きな人集まれというおっぱいグッズ
もののけおっぱい チチバケタ 「もののけおっぱい チチバケタ」
チチオモイを超える超爆乳おっぱい!おっぱい星人の夢?必見の巨大さ
Busty-Ema(おっぱいエマ) 「Busty-Ema(おっぱいエマ)」
8kgの大型おっぱいグッズ リアルな垂れ感に挟めるサイズ
A10ピストンSA +PLUS(プラス) 「A10ピストンSA +PLUS(プラス)」
夢の自動ピストン実現!改良版でパワーアップ
Dolphin!(ドルフィン) 「Dolphin!(ドルフィン)」
3連子宮口があなたを溺れさせる? リニューアルされた特殊構造のオナホール
ぷるるん天然おっぱい 「ぷるるん天然おっぱい」
5kgオーバー複層構造おっぱい Jカップの大型タイプ
名器の証明 ファイルNo.013 田中レモン 「名器の証明 ファイルNo.013 田中レモン」
3層構造の特殊設計オナホール 人気女優コラボなだけじゃない
名器の品格 BLACK LABEL 「名器の品格 BLACK LABEL」
古参シリーズが大型化したオナホール 平たい穴のリアル調な構造
Hでお尻の大きなお姉さんは好きですか? 「Hでお尻の大きなお姉さんは好きですか?」
10kgオーバーのデカくて美尻のオナホール 2穴で優しい構造?
ふんわり小麦色のパイズリ爆乳 「ふんわり小麦色のパイズリ爆乳」
褐色肌系の貴重なおっぱい製品 2kgオーバーのボリューム
リアルボディ 超ぱい 北大路かのん 「リアルボディ 超ぱい 北大路かのん」
長いおっぱいのでっかい女体型オナホ 骨パーツ入りにおっぱいも2層
Lilith Spiral-wave(リリス・スパイラルウェーブ) ベリーソフト 「Lilith Spiral-wave(リリス・スパイラルウェーブ) ベリーソフト」
超ソフトでも絶妙な柔らかさ!刺激は物足らないかどうかギリギリを攻めるヒダオナホ

【PR】
オリエント工業
オリエント工業
ドール業界の最大手!本物の大型ドールを探すなら、まずここを見るべきです
↑ページの一番上へ

次の記事:「SUPER GOKU-HIDA VIRGIN (スーパー極ヒダばーじん)」 アクセントがあるヒダメインのオナホール
当ホテルトップへ
「SVAKOM ALEX NEO 2 (スバコム アレックスネオ 2)」 電動のピストン動作オナホール イボ構造:前の記事